トップイメージ
とうとう取引する時という段階では、何よりも事前対策を横着してはいけません。。取引を始める前ならば相場を客観的に調査する事ができるゆとりがあります。だがしかし、売買の中に踏み込んでしまうとどう試みても見え方が自分勝手なものになる場合があり、肝心な時に正しい判断が分からなくなる不安があります。そのために自身の精神が冷静な段階で、正しく準備をしておくことが不可欠です。”事前準備”とは、始めにあなただけの脚本を作る事から行います。今後の為替相場はこうだから、豪ドルをエントリーするといったあなただけのシナリオを立てていくのだ。その次はチャートを見ましょう。それ以前の為替レートの上下動を確認して現在の相場を調べます。そうすれば、「現時点では高すぎる場面になっている」それとも「今となっては大方の人々が仕かけているから今さら自分が売り(または買い)してもなすすべがない」などと理解できます。すでに取引するのが遅すぎるなと考えたら、何もしないで、そこのところはすっぱりと諦めることが肝心です。どう試みても自分自身の筋書きを押し通そうとして、無理やり取引すると、相場に跳ね返されてそれどころか損することになります。とは言うもののかなりのケースで事前に準備している自分自身の筋書きを書いておけば、買い(または売り)がやりようがないという具合にはならないだろう。本格的に為替相場が動き出す前の状況のはずだからです。続いては、エントリーしようとしている通貨ペアの動きをちゃんと点検する事が重要です。例えばドル高に向うと推測するストーリー展開を考えたのであれば、その通貨の変化に用心しておきます。マーケットの動きを確認し始めたときでは、まだまだ誰の眼にも明らかに上下動する様子を見せることはなく、小幅な動きをしているだけでしょう。しかし、その変化をじっくりと気をつけていると、あるところで確実に円安へとマーケットが変化し始めます。このチャンスでようやくドル円のトレードします。普通、そこまで十分に準備を進めておけばそのエントリーで勝つ率は高まります。

リンク

Copyright © 1998 www.brimosgfx.com All Rights Reserved.